【二日目】フジロック '09 を写真で振り返る

写真:フジロック09入場ゲート(二日目)

引き続き、FUJI ROCK FESTIVAL '09 の二日目、7/25(土)の模様を写真で振り返ります!

二日目は、15時過ぎから始まる筋肉少女帯までは、事前に見ようと決めていたアーティストがいなかったため、比較的スケジュールに余裕があります。

こういう日は会場内を散策したり、おいしいビールや食べ物を求めて様々なエリアを巡るのも楽しいものですよね。

そのためには、天候が回復してくれることが絶対条件なのですが... 果たしてどうなったのでしょうか?

では、さっそく見てみましょう。

写真:フジロック09 リストバンド交換所(二日目)やったーーー! 昨日までの天気が嘘のように青空まで見えています。 写真は入場ゲートより手前のリストバンド交換所付近

写真:フジロック09入場ゲート(二日目)朝の入場ゲート付近は、毎年あちこちで記念写真が撮られています。 昨日はさすがに少なかったですが、その反動もあって今日は多いですね。 僕らもこのあとバッチリ撮りました ^ ^

フジロックに雨はつきものなので、毎年雨の覚悟はしているのですが、一日目のように朝から晩まで降り続くとさすがにヘコみます。

やっぱり、朝から晴れてくれるとテンションの上がり方が違いますね。

とりあえず、筋少が始まるまでまだ時間があったので、一日目にはできなかった様々なステージを巡ってみることにしました。

写真:二日目、午前中の GREEN STAGE雨はやんだものの、GREEN STAGE だけでも広範囲にぬかるんでいる箇所が見受けられます

写真:ところ天国で乾杯朝から晴れて気分がイイので、さっそくエビス スタウトとマンゴーのカクテルで乾杯!

写真:二日目のホワイト橋ところ天国と WHITE STAGE の間に架かるホワイト橋(名前があるのを今年初めて知った...)。 一夜明けても川の流れはまだ速かったですが、増水はだいぶおさまっていました

写真:ボードウォークWHITE STAGE わきの入り口からボードウォークへ。 目指すは FIELD OF HEAVEN

写真:FIELD OF HEAVEN 入り口付近見えてきました FIELD OF HEAVEN。 ヘブンは全体的に独特の空気感があってイイですよね。

写真:HAYLEY SALES のライブの様子ちょうど HAYLEY SALES のライブの真っ最中。 最後のほうしか見られなかったけど、良い雰囲気のライブでした

写真:さくらぐみのピザと東京エールヘブンと言えばお馴染み「さくらぐみ」のピザ。 野外フェスなのに、こんな本格的なピザが食べられるのは嬉しいですよね。 あと一緒に飲んだ東京エールが500円というのも嬉しかった(今年からほとんどのビールが500円→600円に値上げ!!)

写真:ボードウォークで ORANGE COURT へFIELD OF HEAVEN から再びボードウォークを通って ORANGE COURT へ向かいます

写真:STONED CIRCLE に到着けっきょく ORANGE COURT の更に奥地にある STONED CIRCLE まで来ちゃいました

写真:テント内で開催されているドラムサークルちょうどドラムサークルのセッションが始まったところだったので、僕らもその場にあった楽器を手に飛び入りで参加しました

写真:パーカッション演奏中昨年もちょっと参加しましたが、今年はわりとガッツリ参加。 はたから見てるより、参加したほうが数倍楽しいですね、コレ

午前中からお昼過ぎまでは、こんな感じで気ままに歩き回っていました。

お目当てのアーティストがいなくても、こういう時間に様々な場所を巡るだけでも楽しめるのはフェスの魅力のひとつです。 立ち寄った先で見たライブで、アーティストの新たな魅力を発見できるチャンスがあるのもイイですよね。

写真:オーガニックビールとぐるぐるウインナーWHITE STAGE に戻ってきました。 筋少を待つ間、ヘブンで買ったオーガニックビールと、アヴァロンで買ったぐるぐるウインナーで小腹を満たします

写真:WHITE STAGE に筋肉少女帯が登場!筋肉少女帯のメンバーがステージに登場! この後ライブはモッシュまで飛び出すほど異様な盛り上がりをみせます

で、筋肉少女帯のライブが始まったわけですが、コレがとにかく楽しかった!

筋少といえば、80年代のバンドブームから活躍するバンドで、僕も中学生の頃はレンタルCD屋で借りて聴いたものです。

それが今年、初のフジロック参戦ということで、一体どんなライブを見せてくれるのだろう? と、僕みたいに興味本位で WHITE STAGE に見に来た人も多かったと思います。

そういう人たちや、絶対知らないであろう外国人、もちろんこの日のために来た熱心なファンなど、すべてをひっくるめて、一曲目から自分達の筋少ワールドに観客を惹き込むパワーは圧巻でした。

オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト

オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト"大公式"
筋肉少女帯
トイズファクトリー (2007/03/14)
久々の筋少ってことで、事前にこのアルバムだけは予習しておきました。 結果的にメジャーな曲を中心に、出し惜しみ無しのセットリストだったので、予習しなくても十分に盛り上がれたとは思います ^ ^
Amazonで詳細を見る

筋少が終わって休憩などもはさみつつ、夜は GREEN STAGE で 忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラと、トリの FRANZ FERDINAND を見ることにしました。

写真:忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラがスタートまずは忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラがスタート。 トリビュートライブでしたが、妙にクサイ演出などはなく、最初から最後まですごく良い雰囲気のライブでした

写真:FRANZ FERDINAND のライブの様子続いて GREEN STAGE のトリ、FRANZ FERDINAND が登場! No You Girls ~ Do You Want To? と初っ端から飛ばします。 遠くから撮ったのでブレブレです ^ ^;

忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー2009.5.9 オリジナルサウンドトラック

忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー2009.5.9 オリジナルサウンドトラック
忌野清志郎 RCサクセション THE TIMERS ほか
MILESTONE CROWDS (2009/07/29)
清志郎の生前の映像をスクリーンに映し、それに合わせて出演者が演奏するなど、ライブの演出は素晴らしかったです。 トリのフランツより人は集まっていたと思います。 こちらは5月9日に執り行われたロック葬『青山ロックン・ロール・ショー』で流れていた楽曲を収録した"オリジナル・サウンドトラック"
Amazonで詳細を見る

トゥナイト

トゥナイト
フランツ・フェルディナンド
SMJ(SME)(M) (2009/01/21)
フランツのライブを初めて最初から最後まで見ましたけど、ダンサブルな曲が多く、僕みたいな初心者でも普通に楽しめましたよ。 こちらは前2作と比べると少しねっとりとした曲調が多い3rdアルバム。 嫌いじゃないです
Amazonで詳細を見る

GREEN STAGE でのライブが終了してから、宿に帰るまでの写真がないんですが、たぶん撮るのを忘れるくらい疲れていたのでしょう。。。

その後は、ワールド・レストラン・エリアへ移動し、クイーンシーバのオムカレーを食べてから、深夜の RED MARQUEE へ。

まず 80kidz を見たのですが、深夜0時以降のスタートなのに凄い人が集まっていて大変でした。 後ろのほうまで人で溢れているにもかかわらず、折り畳み椅子をしまわない人が多かったのには閉口しましたが。。。

で、80kidz 終わりの間隙をぬって次の THE BLOODY BEETROOTS はかなり前のほうで見ることができました。 アッパーな選曲を爆音で鳴らすものだからかなり盛り上がりましたが、半分くらい見たところで体力の限界に。。。

深夜の RED MARQUEE をあとにし、ホテルに戻ってシャワーを浴び、寝床に着いた頃には深夜の3時をまわっていました。

THIS IS MY SHIT

THIS IS MY SHIT
80kidz
ケイエスアール (2009/04/15)
日本発の3人組エレクトロ・ユニット。 今後の活躍に期待
Amazonで詳細を見る

ロンボラマ

ロンボラマ
ザ・ブラッディ・ビートルーツ
ケイエスアール (2009/07/15)
イタリア出身のエレクトロ・DJユニット。 次に見られる機会があれば、体力が有り余っているときにぜひ!
Amazonで詳細を見る

写真:エチゴビール ビアブロンド本日のシメのビールは「エチゴビール ビアブロンド」。 こんな夜中に気兼ねなく酒が呑めちゃうのがフジロックマジック ^ ^;

と、こんな感じで FUJI ROCK FESTIVAL '09 の二日目が終了しました。

午後からは降ったりやんだりの天気でしたが、午前中は強い日差しも出るなど、何ともフジロックらしい一日だったと思います。

僕らも朝から昼過ぎまでは会場内を歩き回り、夕方から夜にかけてはライブ三昧で、最後はもうクタクタになりました。

明日は、いよいよ最終日。 この三日間、いや、一年の総決算として悔いの残らない一日にしたいですね。

コメントを残してください

コメント入力フォーム

必須 = Required

 

トラックバック

トラックバック URL: http://www.tratxt.com/mt/mt-tb.cgi/47

管理人について

タケノービ

タケノービ(takenobi)/東京都 墨田区在住/O型/おとめ座/寅年
more

連絡先