楽天が個人情報を販売しているという記事への反応について考える

楽天のイメージ画像

昨日からネットでちょっとしたお祭りになっているこの記事、

GIGAZINE
楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明

詳しくは、元記事をきちんと読んでいただきたいのですが、僕もタイトルだけ見たときは「えっ!?」とビックリして思わずクリックしてしまいました。 でも、記事の内容を読んでみると、どうも違和感が...

要するに、元々ブラウザの画面上から普通に閲覧可能な顧客情報を、その店舗が独自にExcelなどで扱うためCSVデータとして入手したい場合は、別途楽天から有料でCSVデータを購入しなくてはならない。

更に、そのCSVデータにメールアドレスを含めたい場合は、厳しい売り上げ条件をクリアし、楽天の審査に通過し、別途追加の誓約書を結んで初めて認められるということらしい。

これで例えば、「自分の店の顧客情報のCSVデータを入手するにもお金が必要。 楽天はどこまで店舗から搾取するのか!」など、店舗の立場に立った意見や、「楽天の店舗から個人情報の流出を完全に防ぐ手段はない!」など、ユーザに注意を喚起する記事の内容ならまだ理解はできます。

しかし、CSVデータのダウンロードという、単なるショッピングシステムのいち機能があったことをクローズアップして「楽天が個人情報をダウンロード販売している」として論じるのはあまりに強引だと思います。

現に元記事を斜め読して「楽天が個人情報をスパム業者に1件10円で売った!」と勘違いして、感情的に反応している人のなんと多いことか。。。

まったく正反対の記事があるので、GIGAZINEとあわせて読むとより理解できると思います。

デジタルマガジン
GIGAZINEが「楽天が個人情報を1件10円で販売している」と全力で飛ばし記事

結局のところ、この程度の記事に対してこれだけネガティブな反応が集まってしまうのは、楽天の日頃の印象の悪さが遠因にはあるのでしょう。

毎回買うたびに無条件でメルマガの購読にチェックを入れてくれたり、ポイントで釣って協賛店舗からのメルマガを送りつけたりとかね。。。

僕は、楽天に限らずネットで買い物をするときに、自分の個人情報が外部に流出するのを完全に防ぐ手段なんてないと思っています。

それを前程に、スパムフィルタ付きのメールアドレスを使用したり、ネットで利用するクレジットカードを限定するなどして、できる範囲での自衛に努めているつもりです。

自宅でできる情報漏えいの自衛手段と言えばパーソナルシュレッダー。 これじゃないですが、ウチにも電動のがあります。 楽しくてついシュレッダーにかけられそうな書類を探しちゃうんですよね ^ ^ 。

コメントを残してください

コメント入力フォーム

必須 = Required

 

トラックバック

トラックバック URL: http://www.tratxt.com/mt/mt-tb.cgi/33

管理人について

タケノービ

タケノービ(takenobi)/東京都 墨田区在住/O型/おとめ座/寅年
more

連絡先