今日の荒川サイクリング - 初めて秋ヶ瀬橋より上流へ進出してみた

写真:秋ヶ瀬公園

普段、家から下流に向かう場合は葛西臨海公園、上流に向かう場合は彩湖か、朝霞水門あたりで折り返すのが僕の荒川サイクリングの定番コースなんですが、週末があいにくのお天気ということで、今日は平日なのにちょっと遠出をしてみました。

目指したのは家から上流に向かうコースで秋ヶ瀬橋。 下流から右岸(上流に向かってだと左側)を走ってくると、河川敷の道路がここで一瞬途切れているんです。 以前来たときにはここで折り返したので、僕は秋ヶ瀬橋より上流をまだ走ったことがなかったんですよね。

今日は少し遠出をするぞと決めていたので、秋ヶ瀬橋に着いたところで、この先どう進むか考えました。 そのまま右岸沿いの一般道を進んでも良かったのですが、ここは一旦秋ヶ瀬橋を渡って左岸へ移動し、一度行ってみたかった「秋ヶ瀬公園」のなかを通ることにしました。

秋ヶ瀬公園も荒川を走るサイクリストにとっては有名スポットなので、名前は知っていましたが通るのは今回が初めて。 以前紹介した彩湖が湖のほとりを周回するのに対し、こちらは林の中を駆け抜けるような感じで気持ち良かったですよ。 今日はあいにく曇っていましたが、晴れててちょっと暑いくらいの日だと、休憩などするには最高のスポットだと思います。

公園内にはスポーツ施設や、バーベキュー場のほか、雑木林などの自然も広がっているので、自転車に乗らない方でも、アウトドアレジャーを十分に満喫できそうな場所でしたよ。

秋ヶ瀬公園は、秋ヶ瀬橋から上流の羽根倉橋までの間にあるのですが、今日は羽根倉橋も越えて、更に上流へ進んでみることにしました。

ここからは急に道幅が狭くなって、周りの風景も一気にのどかになります。 特に目標を決めて走っていた訳ではなかったので、のどかな景色が逆に哀愁を誘い、なんだか急に寂しくなってきちゃいましたw サイクルコンピュータを見ると、走行時間が1時間半が経過しようとしていたので、帰りのことも考えて結局今回はこの辺りで折り返すことにしました。

写真:羽根倉橋より上流の自転車道ここが今回の折り返し地点。 畑というか田んぼ以外、周りに何もありません。 これでも堤防の内側なんですよ

秋ヶ瀬公園まで戻って、途中で買った「ランチパック」を頬張りながら休憩。 のんびりしても良かったんですが、連日の暖かさに油断した格好で出てきたため、休憩してたら汗が冷えて寒いのなんのって...

結局ランチパックを急いで食べて早々に家路に着きました。 秋ヶ瀬公園を抜けてからののどかな風景は新鮮だったので、次はもっと時間をとって更に上流に進出したいです。

走行距離: 77.79km
走行時間: 3時間12分52秒

おぉ! こんな本出ているんですね。 この手の自転車マップ本って、まだ一冊も買ったことないのですが、実用的にはどうなのでしょう? 自分で開拓するのもそれはそれで楽しいですが、本を参考に行ったことのない場所へ行ってみるのも新しい世界が広がって楽しそうです。 良さそうな本があったらいずれ本格的にご紹介したいと思います。

コメントを残してください

コメント入力フォーム

必須 = Required

 

トラックバック

トラックバック URL: http://www.tratxt.com/mt/mt-tb.cgi/18

管理人について

タケノービ

タケノービ(takenobi)/東京都 墨田区在住/O型/おとめ座/寅年
more

連絡先